イメージ画像です
私の家の近くには大きな公園があるのですが、そこではよく鳩たちが集まって羽休めをしています。中には人に慣れてしまっている鳩もいるので、一部は近寄っても逃げたりしません。

まあこれだけではもちろん困ることはないのですが、一度鳴き始めると状況が変わってきます。人間から逃げないほどの図太い性格をしているからなのか分かりませんが、とにかく鳴き声が大きいのです。数も多いですからそれはもう大合唱といった感じで、うるさいと感じるレベルまでボリュームも上がります。

特に顕著なのが夕方頃の時間帯です。公園に来る人の中に鳩のエサを持ってくる人がおり、その人はいつも夕方になるとやって来ます。鳩もそれを覚えているのか自然とその時間に集まってくるので、鳴き声が目立つようにもなるのです。

言っちゃ悪いのですが私はこのエサやり行為を非常に迷惑に思っています。鳩が好きな人は別なのかもしれませんが、私は特に好んでいないのでうるさい鳴き声が本当にストレスです。

実はこの件で一度役所の方に対策の問い合わせもしたほどなのですが、エサやりの規制はできても鳩の数は減らしようがないと言われてしまいました。解決には引っ越すしかないということなのでしょう。

音というのは不思議なもので、気にし始めると意識がずっとそちらへ向いてしまいます。私が神経質なのも良くないのでしょうから、このジレンマには随分と苦しめられています。

最近では大きめに音楽をかけてイヤホンで聞くようにしています。そういうことをするようになってから気が付いたのですが、窓ガラスの防音加工にも興味が出てきました。たかが鳩の鳴き声でと言う人もいるでしょうが、私にとっては重大なことなのです。

鳩も悪気があって鳴いているのではないですし何とか理解したいところではありますが、もう少し抑え気味に鳴いてほしいものです。文句ばかり述べてしまいましたが、私も鳴き声を受け入れられるだけの器を持たねばと考えています。上手く聞き流せるようになりたいです。