鳩はとても身近な動物ですが、家の周囲にたむろしていると、鳴き声や鳩の糞が非常に迷惑です。餌をやっているわけでもないのに、家の屋根やベランダにはかなりの数の鳩が来て、本当に困っていました。

特に鳩の糞は車や洗濯物にもかかってしまうので、車はカバーが必須でしたし、洗濯物は外に干せない、落ちた鳩の糞は処理しなければいけないということで、生活に支障をきたしていたのです。役所に相談をしても、効果的な対策をしてくれないので、我慢をするしかありません。

一時は、こんなことならば、家を売って引っ越したいと思うほどまでに、追い込まれるほどでした。そんなとき、ネットの掲示板に悩みを書き綴っていると、そういう問題の対処方法としては、忌避剤が効果があるという答えが書き込まれました。それまで忌避剤というものを知らなかったのですが、動物や虫が嫌がる成分が入った薬剤を建物などに塗って追い払うというものようでした。ただ、実際にやってみた結果をその目で見ないことには、安心はできません。

そこでネット通販で忌避剤のスプレーを買って、鳩がいつもいるところに吹きつけてみました。吹き付けてから数日、それまで嫌というほどやってきていた鳩の数が減り、鳩の糞で悩まされることもなくなりました。ただ、屋根やベランダにとまらないということであって、完全にいなくなったわけではありません。

たまにやってきては、忌避剤のニオイに引き返すというような感じです。ともあれ、鳩の悩みが解消されたことは、とても嬉しいことです。心配なのは忌避剤がいつまでも効果は時間が経てば薄れてしまうために、また塗布しなければいけないことです。そのタイミングをこれからの経験で、よく見極めなければいけません。

本当に鳩が立ち寄らなくなるためには、忌避剤と一緒に、ネットや剣山などの対処方法を組み合わせて、やっていこうと思いますが、道具を手に入れるのは難しいことではないのでゆっくりと試していきます。