近年は食べ物や動植物を由来とするアレルギーが何かと問題になっていますが、重篤な症状を発症する場合があります。中でも鳩についてはその扱いが大変難しいものです。平和の象徴ともされており一見人畜無害のようにも見えますが、都市に住むドバトはもはや害鳥です。また、危険なのは鳩本体よりもその糞でしょう。アレルギーの症状などを引き起こす原因となっていますが何より恐ろしいのは「トキソプラズマ症」です。

トキソプラズマ症とはトキソプラズマによる原虫感染症です。鳩の糞に含まれている病原体が感染源であり、健康な成人が感染しても無症状で終わる場合が多く、症状が出たとしても軽い風邪のようなもので終わります

しかし、免疫力がまだ弱い子供は重度のアレルギー症状を引き起こしたり、脳や神経、呼吸器の疾患を患う場合もあります。特に妊婦が胎盤感染を起こすと流産の確率が上がり、無事に出産しても脳障害が生じるという報告例もあります

糞の扱いが難しいのはその性質にも関係しています。病原体は糞の中で増殖し、糞が乾燥・粉状になることで空気中の広範囲に広がります。この病原体を含んだ空気を吸う事で気管支に入り込み、感染することになります

更に、細かい粉状になった糞は目に見えず付着したことに気付かない場合もあります。鳩が寄り付くようなベランダで掃除をしたり、公園で遊んでいると知らない内に病原体が付着している場合があります。ベランダで掃除をする場合は手袋を使用し、専用の掃除用具を使用するのが望ましいとされています

鳩が寄り付く場所は定期的に清掃を行うことが何より重要です。免疫力が衰えていたり、体力が低下しているような状態では鳩やその糞に近づかないようにしましょう。

万が一、鳩が住みついてしまった場合は駆除する必要があります。禁忌剤は鳩が嫌がる臭いを発する薬剤です。スプレー式やジェルタイプなど用途別に様々なものがあり、比較的安価で購入することが出来ます。費用もかけず手軽にできるのが魅力です。